一般職OLの徒然日記

某大手一般職OL。事務のお仕事のことや、一般職なら誰もが憧れる、結婚について書いています。

【一般職】仕事を続けやすい、は本当か

一般職の仕事は総合職に比べて業務負荷が少なく早く帰れるため、ワークライフバランスが取りやすいです。結婚後も家庭と両立しやすく、子育てをしながら働くこともできます。そのため「ライフスタイルに変化があっても働き続けることができる」というメリットが前面に押し出されています。

しかし、私は一般職がとりたてて仕事を続けやすいとは思いません。
もし一般職が仕事を続けたらどうなるか、という視点で理由を書いていきます。

 

続けることはできても

一般職でも同じ会社に勤め続けることができます。しかし、長年勤めるにつれて働き方は二極化していきます。

一つ目は、より責任のある仕事を任されるパターン。仕事の内容が管理職寄りになります。課のマネジメントや後輩の指導といった、事務作業とは違った仕事が増えるということ。事務だけではできない経験をすることができるため、自身のキャリア形成にプラスになります。しかし、一般職は昇給幅が狭いため、任される仕事に対して給料が上がっていかないことに対する不満感は高まります。似たようなマネジメントの仕事でも、総合職はもっと給料上がりますからね。

二つ目は、ずっと同じ部署で同じ仕事をし続けるパターン。事務は経験がものをいう部分もあるので、経験豊富な一般職は部署を動かさず、ベテランさんとして能力を発揮してもらうのです。慣れた仕事をずっと続けられる反面、仕事内容は変わらず単調になってしまいます。年功序列的に給料は上がるため、同じ作業量でも若手より給料は高い「会社のお荷物」的存在になりがちです。なのでまれなパターンといえます。

 

社内制度で総合職へ

総合職になることを勧められるケースもあります。
一般職/総合職という分類で採用をしている会社は、やる気のある人を対象に総合職へ転換する制度を設けているところが多いです。この制度を活用することで、一般職で入社しても、途中から総合職として働くことが可能になります。
会社としては高い給料で若手社員と同じ事務をやられるよりは、総合職として会社の業績によりダイレクトに効く仕事をしてほしい、と思いますよね。
露骨な会社だと、暗に総合職になるか退職するかの択を迫られる場合もあります。

 

人事制度で人生豹変

いくら事務が好き!一般職でずっと働きたい!と希望していても、人事制度が変更され一般職でいられなくなるケースがあります。
実際に、損保業界では大規模な人事制度の改変が行われました。一般職の採用をやめて、全員を総合職として採用することを決めたのです。これにより、今まで一般職だった社員は今までの事務はやらずに、総合職の仕事をすることになりました。(一般職が行っていた事務仕事は今もありますが、正社員ではなくパート社員が担うようになりました)

こうなってしまうと、いくら一般職として働くことを希望していても、会社はそれを許してくれません。同じ会社で総合職としてがんばるか、ほかの事務仕事に転職することになります。

さらに驚くことに、給与といった待遇は一般職時代と変わらないのです。会社にとっては安くたくさん働くコスパの良い戦力ですが、働く側からすればこれは不満が大きすぎます。

 
事務の仕事はなくなっていく

一般職の社員は基本的に事務を担当しています。しかし、近年のAIの台頭で、事務は人の手から離れはじめています。今は事務の戦力として働けても、10年後に同じ仕事があるとは限りません。実際に、一般職女性の主要な就職先である銀行の窓口は、AI化によってなくなると言われていますね。
それでクビになることはないでしょうが、もし今の事務仕事がなくなれば、新しい仕事を覚えなくてはなりません。人間のやる仕事はより高度な頭脳労働になっていきますから、今までの仕事より負荷が高くなるでしょう。

一般職の仕事はより高度になる

そんなわけで、一般職だからといってずっと同じような事務仕事がずっと続くわけではないんです。長く働くほど、求められる成果は大きくなっていきます。急に仕事がガラッと変わる可能性だってあります。
一般職に求められるスキル確実に上がっています。こうなると、一般職はもはや「事務の続けやすい仕事」とはいえないでしょう。

 

【一般職】給料高いって本当⁈一般職の給与事情

一般職のお給料っていくらなんだろう。高いって聞いたけど本当…⁇

これから就職する学生さんや、事務のお仕事への転職を考えてる方ならかなり気になると思います。

かといって社員さんに聞くわけにもいかないし、仲のいい人同士でも給与の話はしにくいですよね(^^;)

 

今回は一般職の給与について、本当のところをまとめていきます。

 

一般職給与の基本

まず私が年間でもらっている給与の内訳は

・月給

・ボーナス(年2回)

の2種類です。

 

会社の福利厚生によっては家賃のような補助金が入ることもありますが、一般職にはそういった補助は原則無いです。

初任給は15〜18万円が目安になります。ここから社会保険料等が差し引かれるため、実際に貰えるのは2〜3万引いた金額です。(これがいわゆる手取り)

ボーナスの額にもよりますが、年収は300〜400万程度になります。大手だとボーナスがしっかり出る傾向に。

ちなみに総合職の初任給はプラス2〜3万に設定されている場合が多いです。

 

 

一般職給与 3つの特徴

①昇給幅が狭い

一般職は昇給幅が非常に狭く、長年勤めても給与の変動があまりありません。年間数百円、よくて数千円の昇給です。

業務の幅が限られていることや、転勤がないことと引き換えに、基本給が安く昇給しにくい給与体系が設けられてています。

結婚後のサブ収入としては十分かもしれませんが、一人暮らしで生計を立てるなら余裕があるとはいえない給与レベルがずっと続きます。

年次があがるごとに総合職とはどんどん差がついていきます。

 

②仕事内容の割に安い

事務の仕事でこんなにもらえるなんて!と思うかもしれませんが、仕事の割に安月給です。今の一般職は「サポートだけ」「事務作業のみ」とはいえません。自分で考えて動く仕事もあるし、以前は総合職が担っていた仕事に入ることもあります。

一般職だからといって入社1年目からずっと同じ仕事を続けるわけでもありません。年数が経てばより責任の重い仕事や後輩の指導、部員の取りまとめを任されるようになっていきます。

給料は大して変わらないのに仕事内容だけがハードになり、割に合わないと感じてしまいがちです。

 

③給与での満足感を得にくい

総合職は営業成績に合わせて個人や部署に報奨金が出るケースがあります。しかし、一般職では原則そういった制度はありません。事務仕事は総合職のように目標(ノルマ)といったわかりやすい形で成績を管理されないからです。

そうすると、仕事の頑張りが給与には反映されず、給与面で満足感を得ることが難しくなります。

 

 

世間のイメージほど待遇は良くない

いかがでしたでしょうか。大手の一般職は就活でも人気の職種ですし、「高待遇」「下手な総合職より給料が高い」なんて書いているコラムも見かけました。

こういうことを書いてる人は、一般職=簡単な事務仕事、というイメージがあるのかもしれませんね。だから給与だけ見ると高待遇だと思うのでしょう。

たしかに決して安い給料ではないと思います。

世間のイメージする事務仕事よりも求められるスキルは高い、というのが働いてみた実感です。

 

 

 

給与に関してはマイナスな面ばかりになってしまいました…。

次は一般職の良いところも書いていきたいと思います。

 

 

 

 

【雑記】親友のハイスペ婚にざわつく症候群

BAILA10月号でこのようなタイトルの特集が組まれていました。

結婚の話題なら何でも気になる私、もちろん雑誌を手に取りました笑

 

 

ハイスペ婚とは、一馬力で家族を養える高収入の男性と結婚することで、イケメンとか高身長がスペックにプラスされることがある、との定義。要するに専業主婦にしてくれる男性との結婚のことですね。

友達がこのようなハイスペ男性と結婚した時にもやもやを感じる女性はなんと75%!!(バイラweb会員125名調べ)

ほとんどの女性が何かしら思うところがあるってことですね(^^;)

 

次のページは30代の独身女性3名の座談会。

友人のハイスペ婚に本音をぶちまけていきます。

ざわつきポイントとしては、

①女性として努力していないのに(家事やメイクなど)、ハイスペ男性を手に入れる幸運さ

②なんとなく上から目線に立たれてる感じがする

③こんなことを思っている自分の性格の悪さを実感してしまう

 

の3点。

たしかに、料理も掃除もできない女性が急にハイスペ男性と結婚したら私も「自分の何がいけないんだろう…」ともやっとしてしまいます。どうやったらステキな男性と出会えるか尋ねて「ご縁だよ!」とか言われたら、それはわかってるよ…って言いたくなってしまいますよね。

そして何より、こんなこと考えてる性格だからいけないのかな( ;  ; )と落ち込んでしまいます。

 

紙面の最後はもやっとした気持ちへの対処法が書かれていました。

色々あったのですが、一番は「みんなもやっとしてるのだから、性格が悪いとか気にしない。人と比べずに自分の婚活に集中すること」です。

ハイスペ婚だからこその悩み(親族付き合いやワンオペ育児)もあるので、《ハイスペ婚=幸せ》とは限らない、ともはっきり書かれていました。

 

もやっとするのは仕方ないことです。みんなしてます。でも、それを羨むだけでは結婚はできない。一通りもやっとし終えたら、自分の婚活への活力に繋げるのが理想なのかも。

みんなめっちゃもやもやしてるじゃん!ってわかっただけでもすごく気が楽になりました(^ ^)

 

BAILAは30代の働く女性向けで結婚の話題が多い雑誌のようなので、これからもチェックしていきます。

 

 

 

 

【婚活】婚活パーティーってどんな服装で行くの?

婚活パーティーに参加するときって何を着るかすごく迷いませんか?

私も参加する前はいつも何着て行こうかすごく迷いました。いわゆる男ウケ良いワンピースとかか、OL通勤ファッションか、自分の好きな服か、、、

 

今回は、参加者の女性がどのような服装で来ていたか書きます。

周りの女性がどんな服で参加しているか知れば、不安がなくなります。

 

参加女性の服装は3パターン。

 

①王道婚活ファッション

婚活パーティーで最も多い服装。

花柄ワンピースやフレアスカートといった、王道の男ウケファッションで参加する女性が全体の5〜6割くらい。合コン服って感じです。年齢に限らず、パステルカラーの色味が多く、白やピンクが人気。服装に合わせて髪をゆるく巻いたり、逆にきれいなストレートだったり、ヘアスタイルにもさりげなく力を入れている方が多いです。初めて参加するなら、この服装で行けばまず間違いなし!

 

②仕事と同じ!OL通勤ファッション

次に多いのがOLの通勤ファッション。シンプルなブラウスにスカートといった、仕事に行く時と変わらない気取りすぎないファッションです。参加者の3〜4割がこのタイプ。アナウンサーのような清潔感あるファッションで、私から見てもお話ししやすい優しい感じの女性が

多かったです。「キメキメの婚活ファッションは恥ずかしい…」という方はこれで!

 

③服装は変えない!自分流おしゃれファッション

婚活パーティーだからって服装は変えず、自分の好きな服を着て参加する方もいらっしゃいます。全体の1割程度。

私がお会いした方は、リボンやレース盛り盛りのラブリーファッション、女性らしいワンピースをあえてスニーカーでハズすスポーツミックスファッション、きゃりーぱみゅぱみゅのような原宿ファッション、黒一色でまとめたクールファッション…などなど。

服装へのこだわりが強い方は自分が好きな服で参加したほうが、あとあとお付き合いに発展してからも楽だと思います。

 

ちなみに、大人数でワイワイやるパーティーでは①タイプ、個別ブースでじっくりお話しするパーティーでは③タイプが多かったです。

個別ブースだと周りの目をあまり気にせず個性を出しやすいからでしょう。

 

よっぽど個性的なファッションをしない限り、周りから浮くことはありません!

もちろん気合を入れて買い足すのもOKですが、手持ちの服でも十分です。

婚活パーティーだと話せる時間が短い分、《服の印象=自分の性格》になるので、自分がどういう風に見られたいか考えて、服を選びましょう!

 

【婚活】おとなしい女性向け!初めての婚活パーティー選び方

婚活パーティーって種類がありすぎてどれを選んだらいいか迷ってしまいませんか⁇ 

特に初めての婚活パーティーでは失敗したくないですよね。

今回は自分からグイグイ攻めていけない、おとなしい草食女子向けの婚活パーティーの選び方のポイントを3つお伝えします。

 

①初心者向けの表記のあるものを選ぶ

婚活パーティーの中には、「初回限定」のように、パーティーに初めて参加する方のためのものがあります。

男女ともに初めて同士なので、相手も初めてなんだと思えますし、係の方も丁寧に進行してくださいますので安心感があります。

注意点としては、参加が初めてかどうかは自己申告によるので、初めてだと嘘をつくことはできるということです。あまりメリットはない嘘だと思いますが…

 

②個別ブースに分かれているものを選ぶ

広い部屋で何組もが横並びになったり、席移動自由のフリートーク有りだと初心者はかなり動きづらいです。

それを解決するのが個別ブースでの婚活パーティー。自分と男性2人がブースに入りトークするタイプのものです。トーク中の姿は周りから見えませんし、自分から席を移動したりする必要はないので、ぐいぐいアピールする必要もありません。積極的に男性に働きかけるのが苦手な女性にはこのタイプがベストです。

デメリットとしては、どうしても気に入った男性がいた時にアピールする機会がないことです。ブースでのトークは基本的に1〜2周までなので、もっと話したいと思う人がいても決められた回数、時間内でしか話せません。席移動自由のフリートークにはアピール度は負けてしまいます。

 

③人数が少ないものにする

初めて参加する場合、自己紹介や趣味の話など、トーク時間をフルに使って男性と話すのがなかなか難しいです。最初はただ自己紹介して終わっちゃったり、その後話題が続かなくなったり…。最初から「男性20名参加!」みたいなパーティーに申し込んでしまうと、勝手が掴めないまま、ひたすら20名とトークすることになり疲れてしまいます( ; ; )

そのため、初回は欲張らず男性5名程度のものに申し込み、雰囲気を知ってから次回どういうパーティーに参加するか決めるのがオススメです。

 

 

以上婚活パーティー選びの3つのポイントでした。

初めから大人数でフリートーク制のものを選んでしまうと大変です。1人で参加する場合は特に、雰囲気に圧倒されてしまいます。

最初は欲張らずに、少人数で個別ブースのものから雰囲気に慣れていきましょう。おとなしいあなたでも気後れせずに男性とお話しできますよ!

 

 

【婚活】婚活パーティーってどんな男性がいるの?

婚活パーティーってどんな男性が参加しているのか不安じゃないですか⁇

《ザ・結婚できない男》みたいな個性満開の男性しかいなかったらどうしよう…

私も参加するまでは不安でいっぱいでした。

 

今回は、婚活パーティーにどんな男性が参加していたのか、私の経験をもとに特徴をまとめました。

 

来ているのは主に3タイプ。

 

①出会いがない男性

職業でいうと、SEや研究職など。また、職場に女性はいるけども、既婚者だったり、年齢が上すぎたりして結婚の対象にはならない、という方もいました。

ただ職場で出会いがないだけなので、人当たりも良く、話しやすい方が多かったです。たくさん出会えば外見だったり、趣味など自分の好みに合う方も探せると思います!

一番結婚を真剣に考えて参加しているのもこの層でした。

 

②モテなさそうな男性

この人ここがもったいないな、と感じる部分がある男性。

中でも圧倒的に多いのが低身長です。

他には、喋り方にかなりクセがあったり、秋葉オタクファッションだったり、女性に不慣れだったり…モテる男性としての要素が欠けているのが特徴。

この層は参加率が高く、1回のパーティーのうち半分ほどを占めます。

ただ、誠実な方が多い印象ではあったので、自分が許せる欠点ならOKです!モテモテの旦那さんと結婚するのは不安ですしね( ;  ; )

結婚というよりも、まずはお付き合いから慣れていきましょう、という感じ。

 

③ほんとに婚活⁈怪しげイケメン男性

中にはイケメンで身長も高く、コミュニケーションもバッチリな男性もいました。(各パーティーに2人くらいは絶対にいました)

その人とのトーク中は女性の気合が入りまくるのがわかるくらいです笑

ただこういう男性って、軒並み職場に出会いがないわけでもなく、モテなさそうなわけでもない。妙な趣味があるわけでもない。となると、わざわざ高い会費を払ってまで婚活パーティーを利用する理由がないわけです。

気軽な出会いを求めて来ているのかもしれませんが、謎多き男性です。カップリング不成立の場合が多かったので、もしかしたらサクラなのかもしれませんね。

 

以上、婚活パーティーによくいる男性3パターンでした。

自分が思っていたよりも全然普通の男性ばかりでした!

変な男性しかいなかったら…という不安で参加を迷っているなら、1度思い切って参加してみることをお勧めします。

婚活パーティーに対する価値観が大きく変わりますよ。

 

 

 

 

 

 

 

人を幸せにできる人間になれ!

毎週土曜22時より日本テレビで放送されている、《サバイバルウエディング》で印象に残ったセリフがあったので忘れないために。

 

誰かに幸せにしてもらえるように

拝むんじゃなくて

人を幸せに出来る人間になれ

外見の美しさなんていつかは価値が下がる

人を幸せにする力は歳をとっても

価値が下がることはない

 

ドラマの中では、神社などのパワースポットを巡って必死に良縁を願う主人公や世間の女性に対して発せられたセリフ。

好きな服着て、美味しいものを食べて、行きたいところに行く。そうしてパワーをチャージできる場こそが本来のパワースポット。

 

好きな人とならどこでもパワースポット。これは恋人だけでなく、気の置けない友達とか、家族もそう。

 

幸せにしてもらう、という気持ちじゃなくて、幸せにしたい!って思う気持ちがある方が、結婚生活もうまくいきそう。

 

私も自分流パワースポットを探したいし、どんな時に一番パワーが充電できてるのか、オフの過ごし方を見直したい。

 

《人を幸せにする力》はちょっと抽象的だけど、これから私の大好きな人たちが、どんなことに喜び、何に悩んでいるのか。もっと相手のことを知って、ずっと長く続く関係を築いていきたい。