一般職OLの徒然日記

某大手一般職OL。事務のお仕事のことや、一般職なら誰もが憧れる、結婚について書いています。

【一般職】もし結婚できなかったらどうなるの?

一般職を選ぶ人は、結婚後の仕事と家庭の両立を見据えている方が多いです。でも、事務の女の子=お嫁さん候補、という時代でもなく、全員が結婚できるわけではありません。実際に独身の一般職もたくさんいます。


今回のテーマは一般職としてずっと会社にいるとどうなっていくのか、です。
これから一般職として就職を考えている方や、一般職の将来が気になる方はぜひ読んでみてください。

  

仕事は増えがち

結婚していない場合、ほとんどの人がそのまま仕事をずっと働き続けます。今は一般職だから結婚しろとか、年数が長い人ににやんわり退職を勧めることもありませんから、自分が働きたいと思う限り、勤務することができます。
勤続年数が長くなるにつれて、業務の負荷は重くなっていきます。一般職といえども同じ事務の繰り返しばかりではなく、課全体のマネジメントや後輩の育成を任されるケースが増えていくからです。働き続けることを選んだ場合、若手社員と同じ量の仕事で済むケースはまれです。そのため、仕事でのスキルアップや勉強が必要になってきます。

さらに、近年はAIの台頭で簡単な事務はどんどんロボット化されてきています。人の手がいる部分はより高度な内容になるため、事務作業自体の負荷はこれからもっと高まっていきます。

会社によってはやる気のある人を中心に、一般職から総合職への転換を認めています。もっと仕事でキャリアを積みたい人は、こうした制度を活用して総合職として活躍される方もいらっしゃいます。

 

やりがいを感じにくい

事務の仕事は同じことの繰り返しが多く、毎日が単調になりがちです。仕事というよりもはや作業といった方が正しく、長く勤めていると仕事に飽き飽きしている人がとても多いです。総合職によくある「苦労してやり遂げたぶん、喜びもひとしお」というような、仕事のやりがいには触れることがありません。営業を断られたり、お客さんから怒られたりするような嫌な経験をすることはありませんが、その分仕事で達成感を得ることも難しいです。

 

実家なら悠々自適、自立はカツカツ

一般職給与体系は、勤務地や業務内容が限られていることと引き換えに、基本給が安く、昇給が少ないことが特徴です。長く勤めれば多少は上がりますが、総合職と比べると昇給はほとんどないようなものです。前項に書いたように、仕事は増えますが給料は上がらないため、もっとも不満を感じやすいポイントです。
一般職の初任給は大手でも20万円位下です。手取りだと15万あれば多いほうでしょう。実家からの通勤が前提のため、家賃補助もありません。一人暮らしは相当節約しないと厳しい水準です。「家賃の目安は手取りの1/3」といわれていますが、月5万円程度の家賃しか支払えない計算になりますね。そのあとの昇給も期待できませんから、一人暮らしだとかなりカツカツに。
そのため、一般職では30代を過ぎても実家から出ない人が多いです。自立心がないとか甘えてるとかではなく、そもそも独立できるような給与ではありません。実家にいることができれば悠々自適です。家に数万円入れたとしても、手元には自由に使えるお金が10万円以上残ります。これだと総合職と同じか、あるいはそれ以上のゆとりのある生活が送れます。

 

転職は厳しい

一般職が転職して総合職になるのは難易度が高いです。結婚せずに働き続けることを決めるのは30代以降になりますが、ただでさえ年齢によって転職が厳しくなっていく中での転職になります。事務の経験しかない一般職は中途入社の戦力として弱いため、転職先も同じ事務職になってしまいがちです。

しかも、事務のスキルは意外に汎用性がありません。例えば、メーカーの一般職と銀行の一般職では大幅に異なる事務をこなしています。そのため、同じ一般職に転職しても、転職先では前職で培った事務スキルが通用しないケースも多々あります。

一般職は転職活動に割ける時間も限られています。内勤のため、日中は転職活動ができないからです。総合職のように営業などで自由に外出できる時間があれば、その間にうまいこと転職先の面接に出かけたりもできます。しかし、一般職にそういった時間はありませんので、仕事が終わった後にしか転職活動ができません。

 

自分の時間は持ちやすい

一般職の仕事は年々増えてはいきますが、総合職に比べると業務量が少なく、残業もそれほど長くありません。そのため、仕事が終わったあとの時間は自分の時間として自由に使えます。ルーチンワークも多いので、慣れてくれば疲労感も少なく、業後に予定を入れてもそれほど負担に感じないでしょう。仕事はそこそこに切り上げて、家でのんびりしたい人や、業後にやりたい趣味がある人にとっては自分の時間が多く、ワークライフバランスが取りやすいといえます。給与が少なさや仕事の単調さよりも自分の時間が大切な人には、ぴったりの働き方です。

 

性格は歪みがち

仕事はどんどん難しくなる一方で、給与はなかなか上がらない、年々ストレスフルになる一般職の仕事。あっという間にいつもカリカリしている怒り顔のできあがりです。仕事を続けていくためにはそれなりに頑張って成果を出さなければなりませんし、上司からの期待だって高くなります。それに応えるためにやりがいのない仕事に日々邁進していれば、当然つまらないしストレスが溜まります。そうすると仕事中にも些細なことでイライラしてしまい、怖い先輩として距離を置かれがちに。若い後輩から「だから結婚できない」「結婚できないとああなる」なんて影で言われることもあります。

 

勤め上げる気がないなら早く動こう

一般職として働き続けるケースについて書いてきました。ずっと実家にいるつもりで、仕事はそこそこに趣味の時間をたくさん取りたい人にとっては働きやすい職種です。しかし、増える仕事に対して給与が上がらない点には不満が生じます。「仕事は大変でも安月給」というのがどれほどストレスが溜まることか。一生の仕事としては魅力が薄いことを一度考えてみるべきです。

「ずっとこのままは嫌だ!」という気持ちが少しでもあるなら、なるべく若いうちから対策を練りましょう。転職するのでも、スキルアップを目指すのでも何でもいいです。結婚するために婚活をがんばる、というのもアリだと思います。

自分が今後どういう人生を送っていきたいか考えて、それに向けた努力を今すぐに始めましょう!

 

 

【婚活】婚活パーティーは若いほうが有利すぎる

婚活ではよく「若いほうが有利」と言われています。
出産や子育てを考えて、男性が若い女性を希望する場合が多いからです。これは女性なら誰でも持っている知識だと思います。
しかし、若いほうが有利な場面はこれだけではないのです。

 

残念ながら若いほうが有利である場面が婚活パーティーにも存在します。しかも、パーティーに参加している最中ではなく、パーティーを選ぶ段階からです。
なぜ若い方が有利なのか、2つのパターンについて書いていきます。

 

①婚活パーティーの年齢制限は男女で異なる

婚活パーティーにはいろいろ種類がありますが、ほとんどに「~〇歳まで」のような年齢制限が設けられています。「20代限定」のようなおおざっぱなものもあれば、「30歳〜34歳まで」のような狭い設定の場合もあります。
ここで注意してほしいのが、年齢制限は必ずしも男女同じではないということです。大抵のパーティーで男女で異なる制限幅が設けられています。「女性29歳まで、男性34歳まで」のように男性の方が参加できる年齢が高く設定されているのが非常によくあるパターンです。
一般的に女性は年上好き、男性は年下好きが多いため、「女性26~29歳、男性30~33歳」のようにわざと年齢差を作ってあるパーティーもあります。しかし、これも20代女性向けがほとんどで、30代になるとこういったパターンのパーティーはなくなります。

 

②若いだけで興味を持ってもらえる

パーティーの中には、気になった人と自由に席を移動して会話が楽しめるようフリートークの時間が設けられているものがあります。男性はここで圧倒的に若い人に集まる傾向が見られます。YouTubeにも、20代女性に参加男性が集まり、30代女性が手持ち無沙汰になっている動画があります。私の参加したパーティーでは若い女性の方が最終的なカップリング率も高かったです。
「女性23~29歳参加OK」と書いてあるとギリギリの29歳で応募する方がかなりいらっしゃいますが、自分よりも若い女性と戦う必要があるということをよく覚えておきましょう。

 

今すぐ婚活を始めよう

以上の理由から、婚活パーティーでは若い女性が圧倒的に有利です。
そもそもパーティーを選ぶ段階から有利です。参加できるパーティーが多く、多くの種類から自分にあったものを選べます。
参加してからも若いというだけで興味を持ってもらえるという特権があります。

婚活パーティーに初めて参加するのは恥ずかしさもあるし、迷ってしまうと思います。私もそうでした。でも、迷っているうちにどんどん年を取ってしまいます。思いきって今すぐ婚活を始めるのが成功のポイントの一つです。


若さで得られるメリットは想像以上です。

早く動いた人から、若さの恩恵を受けられます。

【雑記】「自分が選択した人生を強く生きるかどうか、ただそれだけだ」-by宇佐美編集長

毎週土曜日、楽しみにしていた「サバイバル・ウエディング」が最終回を迎えました。
結婚や仕事についていろいろ考えさせられるドラマでした。
あらすじを交えながら備忘録も兼ねて感想を書いていきます。

↓以下ネタバレを含みます↓

 

 

 

インド行きを決めるさやか

インドでの起業についてきてほしい、と言われるさやかですが、だんだんと迷いが生じます。慣れないインドでの生活、企業が失敗したらどうなるか、会えなくなる友達や家族、そしてやりがいを感じている今の仕事を辞めなければならないこと。
結婚だけが幸せではない、夢を持って仕事をがんばるのも生き方の一つだという結論に達し、インドへはついていかないことを決めます。

そんなさやかに、編集長はアドバイスを送ります。

お前はいまこの瞬間からどんな選択をしてもいいんだ。

お前がどんな家で生まれたとか、どんな人生を送ってきただとか、男だとか女だとか、歳はいくつだとか、そんなことは関係ない。

最後は自分がこれからどうあるべきか、自分によく聞いて自分で決めろ。

そうすればどんな困難にぶつかったって乗り越えられる。

大切なのはどんな選択をするかじゃない。

自分が選択した人生を強く生きるかどうか、ただそれだけだ。

それを聞いたさやかは自分がどういう選択をすべきか考え、進むべき道を決めます。
「行ってやるか、インド。」

自分の選択に責任を持つことが幸せの秘訣

さやかは選択を人任せにすることもできます。「ついてきてほしいと言われたから」という理由でインドに行くこともできましたし、「インドなんて不安と母親が言うから」という理由で日本に残ることもできました。でもこれは自分で決めたことではなく、人が決めたことです。だから後悔して、自分が不幸になったのは人のせいだと感じてしまう。

さやかは編集長からのアドバイスを受け、自分の選択について考え直します。そしてインドに行くことを自分から選びました。苦労することがあっても、自分が選んだ道だという気持ちがあると納得できるはずです。

 

自分がどうしたいかを選択基準にする

これからの私の人生にはいろいろな選択が待ち受けています。転職するか、この人と結婚して大丈夫か、子どもを産むか、などなど。人からアドバイスをもらうこともあるだろうし、ネットで悩みを検索して悶々とすることもあるでしょう。
人から言われたとおりにするのは簡単ですが、それでうまくいかなかったときに人のせいにしてしまいたくなります。自分で決めてないからです。
でも宇佐美編集長の言うように、自分がどうしたいのか自分によく聞いて、自分が選択した人生を強く生きることができれば、たとえうまくいかないことがあっても納得して受け入れられる気がします。

自分の人生を左右するような大きな決断をする場面がきっとこれから何度もあると思いますが、そのたびに、「選択した人生を強く生きる」という気持ちをもって自分の人生を楽しんでいきたいですね。

 

 

 

【一般職】仕事を続けやすい、は本当か

一般職の仕事は総合職に比べて業務負荷が少なく早く帰れるため、ワークライフバランスが取りやすいです。結婚後も家庭と両立しやすく、子育てをしながら働くこともできます。そのため「ライフスタイルに変化があっても働き続けることができる」というメリットが前面に押し出されています。

しかし、私は一般職がとりたてて仕事を続けやすいとは思いません。
もし一般職が仕事を続けたらどうなるか、という視点で理由を書いていきます。

 

続けることはできても

一般職でも同じ会社に勤め続けることができます。しかし、長年勤めるにつれて働き方は二極化していきます。

一つ目は、より責任のある仕事を任されるパターン。仕事の内容が管理職寄りになります。課のマネジメントや後輩の指導といった、事務作業とは違った仕事が増えるということ。事務だけではできない経験をすることができるため、自身のキャリア形成にプラスになります。しかし、一般職は昇給幅が狭いため、任される仕事に対して給料が上がっていかないことに対する不満感は高まります。似たようなマネジメントの仕事でも、総合職はもっと給料上がりますからね。

二つ目は、ずっと同じ部署で同じ仕事をし続けるパターン。事務は経験がものをいう部分もあるので、経験豊富な一般職は部署を動かさず、ベテランさんとして能力を発揮してもらうのです。慣れた仕事をずっと続けられる反面、仕事内容は変わらず単調になってしまいます。年功序列的に給料は上がるため、同じ作業量でも若手より給料は高い「会社のお荷物」的存在になりがちです。なのでまれなパターンといえます。

 

社内制度で総合職へ

総合職になることを勧められるケースもあります。
一般職/総合職という分類で採用をしている会社は、やる気のある人を対象に総合職へ転換する制度を設けているところが多いです。この制度を活用することで、一般職で入社しても、途中から総合職として働くことが可能になります。
会社としては高い給料で若手社員と同じ事務をやられるよりは、総合職として会社の業績によりダイレクトに効く仕事をしてほしい、と思いますよね。
露骨な会社だと、暗に総合職になるか退職するかの択を迫られる場合もあります。

 

人事制度で人生豹変

いくら事務が好き!一般職でずっと働きたい!と希望していても、人事制度が変更され一般職でいられなくなるケースがあります。
実際に、損保業界では大規模な人事制度の改変が行われました。一般職の採用をやめて、全員を総合職として採用することを決めたのです。これにより、今まで一般職だった社員は今までの事務はやらずに、総合職の仕事をすることになりました。(一般職が行っていた事務仕事は今もありますが、正社員ではなくパート社員が担うようになりました)

こうなってしまうと、いくら一般職として働くことを希望していても、会社はそれを許してくれません。同じ会社で総合職としてがんばるか、ほかの事務仕事に転職することになります。

さらに驚くことに、給与といった待遇は一般職時代と変わらないのです。会社にとっては安くたくさん働くコスパの良い戦力ですが、働く側からすればこれは不満が大きすぎます。

 
事務の仕事はなくなっていく

一般職の社員は基本的に事務を担当しています。しかし、近年のAIの台頭で、事務は人の手から離れはじめています。今は事務の戦力として働けても、10年後に同じ仕事があるとは限りません。実際に、一般職女性の主要な就職先である銀行の窓口は、AI化によってなくなると言われていますね。
それでクビになることはないでしょうが、もし今の事務仕事がなくなれば、新しい仕事を覚えなくてはなりません。人間のやる仕事はより高度な頭脳労働になっていきますから、今までの仕事より負荷が高くなるでしょう。

一般職の仕事はより高度になる

そんなわけで、一般職だからといってずっと同じような事務仕事がずっと続くわけではないんです。長く働くほど、求められる成果は大きくなっていきます。急に仕事がガラッと変わる可能性だってあります。
一般職に求められるスキル確実に上がっています。こうなると、一般職はもはや「事務の続けやすい仕事」とはいえないでしょう。

 

【一般職】給料高いって本当⁈一般職の給与事情

一般職のお給料っていくらなんだろう。高いって聞いたけど本当…⁇

これから就職する学生さんや、事務のお仕事への転職を考えてる方ならかなり気になると思います。

かといって社員さんに聞くわけにもいかないし、仲のいい人同士でも給与の話はしにくいですよね(^^;)

 

今回は一般職の給与について、本当のところをまとめていきます。

 

一般職給与の基本

まず私が年間でもらっている給与の内訳は

・月給

・ボーナス(年2回)

の2種類です。

 

会社の福利厚生によっては家賃のような補助金が入ることもありますが、一般職にはそういった補助は原則無いです。

初任給は15〜18万円が目安になります。ここから社会保険料等が差し引かれるため、実際に貰えるのは2〜3万引いた金額です。(これがいわゆる手取り)

ボーナスの額にもよりますが、年収は300〜400万程度になります。大手だとボーナスがしっかり出る傾向に。

ちなみに総合職の初任給はプラス2〜3万に設定されている場合が多いです。

 

 

一般職給与 3つの特徴

①昇給幅が狭い

一般職は昇給幅が非常に狭く、長年勤めても給与の変動があまりありません。年間数百円、よくて数千円の昇給です。

業務の幅が限られていることや、転勤がないことと引き換えに、基本給が安く昇給しにくい給与体系が設けられてています。

結婚後のサブ収入としては十分かもしれませんが、一人暮らしで生計を立てるなら余裕があるとはいえない給与レベルがずっと続きます。

年次があがるごとに総合職とはどんどん差がついていきます。

 

②仕事内容の割に安い

事務の仕事でこんなにもらえるなんて!と思うかもしれませんが、仕事の割に安月給です。今の一般職は「サポートだけ」「事務作業のみ」とはいえません。自分で考えて動く仕事もあるし、以前は総合職が担っていた仕事に入ることもあります。

一般職だからといって入社1年目からずっと同じ仕事を続けるわけでもありません。年数が経てばより責任の重い仕事や後輩の指導、部員の取りまとめを任されるようになっていきます。

給料は大して変わらないのに仕事内容だけがハードになり、割に合わないと感じてしまいがちです。

 

③給与での満足感を得にくい

総合職は営業成績に合わせて個人や部署に報奨金が出るケースがあります。しかし、一般職では原則そういった制度はありません。事務仕事は総合職のように目標(ノルマ)といったわかりやすい形で成績を管理されないからです。

そうすると、仕事の頑張りが給与には反映されず、給与面で満足感を得ることが難しくなります。

 

 

世間のイメージほど待遇は良くない

いかがでしたでしょうか。大手の一般職は就活でも人気の職種ですし、「高待遇」「下手な総合職より給料が高い」なんて書いているコラムも見かけました。

こういうことを書いてる人は、一般職=簡単な事務仕事、というイメージがあるのかもしれませんね。だから給与だけ見ると高待遇だと思うのでしょう。

たしかに決して安い給料ではないと思います。

世間のイメージする事務仕事よりも求められるスキルは高い、というのが働いてみた実感です。

 

 

 

給与に関してはマイナスな面ばかりになってしまいました…。

次は一般職の良いところも書いていきたいと思います。

 

 

 

 

【雑記】親友のハイスペ婚にざわつく症候群

BAILA10月号でこのようなタイトルの特集が組まれていました。
結婚の話題なら何でも気になる私、もちろん雑誌を手に取りました笑

 

ハイスペ婚とは、一馬力で家族を養える高収入の男性と結婚することで、イケメンとか高身長がスペックにプラスされることがある、との定義。要するに専業主婦にしてくれる男性との結婚のことですね。
友達がこのようなハイスペ男性と結婚した時にもやもやを感じる女性はなんと75%!!(バイラweb会員125名調べ)
ほとんどの女性が何かしら思うところがあるってことですね(^^;)

 

次のページは30代の独身女性3名の座談会。友人のハイスペ婚に本音をぶちまけていきます。
ざわつきポイントとしては、

①女性として努力していないのに(家事やメイクなど)、ハイスペ男性を手に入れる幸運さ
②なんとなく上から目線に立たれてる感じがする
③こんなことを思っている自分の性格の悪さを実感してしまう

の3点。

①に関しては、家事が全くできない友人がハイスペ婚し、相変わらず部屋を散らかしたり料理をせずにのんびり暮らしているのがもやもやする、というエピソードが。
②に関しては、自分もハイスペ婚がしたい!とアドバイスを乞うと、「ご縁だよ」というような身も蓋もないことを言われてしまう、といったエピソードが紹介されていました。

ちなみに座談会エピソードの中で最も衝撃的だったのが、「友人の結婚式で感動ではなく、結婚できない自分が悲しくて式の最中に泣いた」というものでした。笑

 

紙面の最後はもやっとした気持ちへの対処法が書かれていました。
色々あったのですが、一番は「みんなもやっとしてるのだから、性格が悪いとか気にしない。人と比べずに自分の婚活に集中すること」です。
ハイスペ婚だからこその悩み(親族付き合いやワンオペ育児)もあるので、《ハイスペ婚=幸せ》とは限らない、ともはっきり書かれていました。

 

これを読んで、友人の結婚にもやっとするのはけっこうよくある感情なんだと実感しました。自分が性格悪いわけじゃないってわかって、ちょっと安心もしました。
でも、それを羨むだけでは結婚はできない。一通りもやっとし終えたら、自分の婚活への活力に繋げるのが理想なのかも。

みんなめっちゃもやもやしてるじゃん!ってわかっただけでもすごく気が楽になりました(^ ^)

 BAILAは30代の働く女性向けで結婚の話題が多い雑誌のようなので、これからもチェックしていきます。

 

 

 

 

【婚活】婚活パーティーってどんな服装で行くの?

婚活パーティーに参加するときって何を着るかすごく迷いませんか?

私も参加する前はいつも何着て行こうかすごく迷いました。いわゆる男ウケ良いワンピースとかか、OL通勤ファッションか、自分の好きな服か、、、

 

今回は、参加者の女性がどのような服装で来ていたか書きます。

周りの女性がどんな服で参加しているか知れば、不安がなくなります。

 

参加女性の服装は3パターン。

 

①王道婚活ファッション

婚活パーティーで最も多い服装。

花柄ワンピースやフレアスカートといった、王道の男ウケファッションで参加する女性が全体の5〜6割くらい。合コン服って感じです。年齢に限らず、パステルカラーの色味が多く、白やピンクが人気。服装に合わせて髪をゆるく巻いたり、逆にきれいなストレートだったり、ヘアスタイルにもさりげなく力を入れている方が多いです。初めて参加するなら、この服装で行けばまず間違いなし!

 

②仕事と同じ!OL通勤ファッション

次に多いのがOLの通勤ファッション。シンプルなブラウスにスカートといった、仕事に行く時と変わらない気取りすぎないファッションです。参加者の3〜4割がこのタイプ。アナウンサーのような清潔感あるファッションで、私から見てもお話ししやすい優しい感じの女性が

多かったです。「キメキメの婚活ファッションは恥ずかしい…」という方はこれで!

 

③服装は変えない!自分流おしゃれファッション

婚活パーティーだからって服装は変えず、自分の好きな服を着て参加する方もいらっしゃいます。全体の1割程度。

私がお会いした方は、リボンやレース盛り盛りのラブリーファッション、女性らしいワンピースをあえてスニーカーでハズすスポーツミックスファッション、きゃりーぱみゅぱみゅのような原宿ファッション、黒一色でまとめたクールファッション…などなど。

服装へのこだわりが強い方は自分が好きな服で参加したほうが、あとあとお付き合いに発展してからも楽だと思います。

 

ちなみに、大人数でワイワイやるパーティーでは①タイプ、個別ブースでじっくりお話しするパーティーでは③タイプが多かったです。

個別ブースだと周りの目をあまり気にせず個性を出しやすいからでしょう。

 

よっぽど個性的なファッションをしない限り、周りから浮くことはありません!

もちろん気合を入れて買い足すのもOKですが、手持ちの服でも十分です。

婚活パーティーだと話せる時間が短い分、《服の印象=自分の性格》になるので、自分がどういう風に見られたいか考えて、服を選びましょう!