一般職OLの徒然日記

某大手一般職OL。事務のお仕事のことや、一般職なら誰もが憧れる、結婚について書いています。

【雑記】親友のハイスペ婚にざわつく症候群

BAILA10月号でこのようなタイトルの特集が組まれていました。
結婚の話題なら何でも気になる私、もちろん雑誌を手に取りました笑

 

ハイスペ婚とは、一馬力で家族を養える高収入の男性と結婚することで、イケメンとか高身長がスペックにプラスされることがある、との定義。要するに専業主婦にしてくれる男性との結婚のことですね。
友達がこのようなハイスペ男性と結婚した時にもやもやを感じる女性はなんと75%!!(バイラweb会員125名調べ)
ほとんどの女性が何かしら思うところがあるってことですね(^^;)

 

次のページは30代の独身女性3名の座談会。友人のハイスペ婚に本音をぶちまけていきます。
ざわつきポイントとしては、

①女性として努力していないのに(家事やメイクなど)、ハイスペ男性を手に入れる幸運さ
②なんとなく上から目線に立たれてる感じがする
③こんなことを思っている自分の性格の悪さを実感してしまう

の3点。

①に関しては、家事が全くできない友人がハイスペ婚し、相変わらず部屋を散らかしたり料理をせずにのんびり暮らしているのがもやもやする、というエピソードが。
②に関しては、自分もハイスペ婚がしたい!とアドバイスを乞うと、「ご縁だよ」というような身も蓋もないことを言われてしまう、といったエピソードが紹介されていました。

ちなみに座談会エピソードの中で最も衝撃的だったのが、「友人の結婚式で感動ではなく、結婚できない自分が悲しくて式の最中に泣いた」というものでした。笑

 

紙面の最後はもやっとした気持ちへの対処法が書かれていました。
色々あったのですが、一番は「みんなもやっとしてるのだから、性格が悪いとか気にしない。人と比べずに自分の婚活に集中すること」です。
ハイスペ婚だからこその悩み(親族付き合いやワンオペ育児)もあるので、《ハイスペ婚=幸せ》とは限らない、ともはっきり書かれていました。

 

これを読んで、友人の結婚にもやっとするのはけっこうよくある感情なんだと実感しました。自分が性格悪いわけじゃないってわかって、ちょっと安心もしました。
でも、それを羨むだけでは結婚はできない。一通りもやっとし終えたら、自分の婚活への活力に繋げるのが理想なのかも。

みんなめっちゃもやもやしてるじゃん!ってわかっただけでもすごく気が楽になりました(^ ^)

 BAILAは30代の働く女性向けで結婚の話題が多い雑誌のようなので、これからもチェックしていきます。